島村楽器 イオンモール宮崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール宮崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

秋のピアノ大展示会 カウントダウンブログ Vol.2

皆様こんにちは。宮崎店ピアノ担当の山下です。
毎年の秋の恒例企画となりました、秋のピアノ大展示会は今回で第6回目を迎えます。

画像

昨年の展示会会場です。国内の代表的なメーカーをはじめ、海外ブランドを多数展示しています。ピアノ担当の私が1台1台チェックを行い、セレクトした物です。1台ずつゆっくりご試弾してアコースティック・ピアノをこれだけの中からお選び頂ける機会はまたとありません。ぜひ、お越し下さいませ。

ピアノメーカーってどれくらいあるの?

『秋のピアノ大展示会』カウントダウンブログ2回目なので、ピアノにまつわる小ネタを書こうと思います。
皆さんはピアノのメーカーといえば、どこを思い浮かべますか?ほとんどの方がYAMAHA『KAWAI』と仰ると思います。しかし自動車メーカーが多数存在するように、世界には数多くのピアノメーカーがあります。ここでは、その一部について書こうと思います。

画像日本
YAMAHAヤマハ)
1889年(明治22年)、山葉寅楠氏が創業。ピアノの製造を始めたのは1900年(明治33年)からで、ピアノの量産を成功させ、ピアノの値段を大幅に下げることに成功し、学校や一般家庭などにおいて幅広く使用されているピアノメーカーです。
■KAWAI(カワイ)
日本楽器製造(現・ヤマハ株式会社)に勤務していた河合小市が独立し、創業したメーカーです。ピアノ販売では2010年現在、世界第2位のシェアを占めています。透明感のあるしっとりした音色で、ヤマハと並ぶ日本の2大メーカーのひとつ。透明なアクリルによってできているクリスタル・ピアノも販売しています。
■DIAPASON(ディアパソン)
1948年(昭和23年)ピアノ職人、大橋幡岩氏の設計によって創業したメーカーです。透明感のある音質がベヒシュタインに似ていて和製ベヒシュタインと評されたこともあったそうです。現在は河合楽器の子会社となり、製造も河合楽器が行っています。
画像ドイツ
■C,BECHSTEIN(ベヒシュタイン)
1853年、カール・ベヒシュタインによってベルリンで創業。響板が音色を作り出すという哲学のもと、頑丈な鉄骨フレーム、高いテンションの、総アグラフの採用などによって透明度の高い音色を実現して『ピアノのストラディバリウス』とも呼ばれ、リストやトビュッシーが絶賛したピアノとしても有名です。また、チック・コリアなどジャズピアニストにも使用され、クラシック界に留まらず、その演奏性は高く評価されています。
■SAUTER(ザウター)
1819年に家具職人ヨハン・グリムがドイツのシュパイヒンゲンにピアノ工房を設立し、スクエアーピアノの製造を開始したのが始まりです。現在では6代目にあたるウルリッヒ・ザウター氏が社長を勤めており創業者直系の老舗メーカーです。ザウターピアノを有名にしたのは、R2アクション(アクションにハンマーのそりを促すバネを付加し、グランドピアノ並の連打性能を持たせる機能)の搭載、サウンドボードを大型化して豊かな音量を出すといった開発などです。世界で最も古い伝統をもつ、ピアノ製造会社の1つです。
■W・STEINBERG(ウィルヘルム・スタインベルグ)
1877年ドイツ東部のアイゼンベルグ市にて創業。ドイツで厳しい基準を持つピアノメーカーに部品を提供する事で、高度の技術力を持つピアノ工場へと成長していきました。美しく澄んだ音色が特徴です。
画像アメリカ
Steinway & Sons(スタインウェイ アンド サンズ)
1853年にアメリカ合衆国ニューヨークで設立されたピアノメーカーです。ベヒシュタイン、ベーゼンドルファーと並んで、世界の3大ピアノメーカー一つです。生産工場はニューヨーク(1853年より)とハンブルク(1880年より)の2箇所にあり、それぞれで材料・形状・アクション・鍵盤・足の固定方法などが若干異っています。ピアノ製造においての技術特許を100種以上持っており現在のピアノ製造においては、スタインウェイの特徴を取り入れているメーカーが殆どといっても良いでしょう。
画像オーストリア
■Bösendorfer(ベーゼンドルファー)
1828年、ウィーンにてイグナーツ・ベーゼンドルファーにより創業されました。フランツ・リストの激しい演奏に耐え抜いたことで多くのピアニストや作曲家の支持を得ています。2008年にヤマハが買収し、同社が株式会社ベーゼンドルファー・ジャパンを発足しました。
画像フランス
■Pleyel プレイエル
イグナツ・プレイエルとその息子カミーユによってに設立されました。ショパンが愛したピアノとして有名です。
画像イタリア
■FAZIOLI(ファツィオリ)
1981年に創業した、まだ歴史の浅いメーカーですが、綿密な手作業をふんだんに盛り込み、世界で最も高額なピアノとして知られています。独立アリコート方式、「第4ペダル」など特殊な設計や、世界最長サイズ(奥行き308センチメートル)のモデルも製作しています。
いかがでしょうか?長文となってしまいましたが、ピアノメーカーにも、様々な歴史や特徴があります。ピアノに関する事でしたら、何でも聞いて下さい!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.