読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール宮崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール宮崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

秋のピアノ大展示会 カウントダウンブログ VOL.17

皆様こんにちは。今回のシマブロは、ドイツの老舗ピアノブランド『SAUTER(ザウター)社』のアップライトピアノをご紹介いたします。第2回目のシマブロでもご紹介しましたが、1819年創業で約200年の歴史を持つ南ドイツ・ウィーン派の流れをくむピアノです。スイスとの国境に近いシュパイヒンゲンという町に工場があります。
今回ご紹介するピアノは『UP114Premire(プレミーレ)』というピアノです。『Premire』とはオペラでいう『歌姫(プリマドンナ』を語源としています。

画像

■UP114Premire
■販売価格 ¥1,300,000(税込)
■サイズ/重量 高さ114㎝ 幅145㎝ 奥行き59.5㎝/180㎏

日本のピアノと何が違うの?

ドイツといえばスタインウェイやべヒシュタインといった世界に名だたるピアノブランドがある国です。また、ピアノの部品メーカーとして有名なアーベル社(ハンマー)、レスロー社(ワイヤー)も有名です。また、ピアノの心臓部でもある響板は、シュヴァルツバルト(黒い森)と呼ばれる森の北側斜面でのみ採れる樹齢90年以上のドイツトウヒを使用しており、寒冷地のアラスカ産のスプルースよりも更にきめ細かい木目で音の伝播に非常に優れています。ザウター社のピアノはドイツ製の材料を使うという拘りをもって1台1台丹念に作り上げられています。

音色を一言で表現すると?

音色を言葉で表すのは、難しいですが、私が初めてザウターピアノの音を聴いた時の印象は『とてもコンパクトなのに繊細な音から、力強い音まで幅広く表現してくれる、素直なピアノだ!ちょっとしたミニグランドよりいいかも!』と感じました。宮崎でもザウターピアノをお使いの方がいらっしゃいます。私も何度か納品の時に立ち合わせて頂いた事がありますが、『国産のピアノとは一味違った音とデザインでこれからピアノを弾くのがとても楽しくなりそうです!』と大変喜んで頂きました。ご参考に、ぜひ実際の音を聴いてみて下さい。

【ピアノ】ザウターUP114プレミーレ のご紹介

いかがでしょうか?こちらのピアノは10月13日(土)~10月15日(月)までイオンホールで展示しております。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.