読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール宮崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール宮崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

秋のピアノ大展示会 カウントダウンブログ Vol.20

みなさん、こんにちは。
イオンモール宮崎店HP担当の川崎です。
個人的な話で恐縮なのですが、最近「LINE6 POD HD500」を入手しまして、その音作りに没頭している毎日を過ごしております。さっそく、メタル好きの私の目からみた「LINE6 POD HD500」のレビューを……
って、えっ!?ダメなんですか?
【今回もピアノの記事を】ってことですが、私は3度目ですけどいいのですか?

はーい、了解しました。 というわけで「LINE6 POD HD500」のレビューは後日ということで、今回はこちらのピアノをご紹介いたします!!

KAWAI K50

KAWAI K50

  • サイズ[cm]: 横幅153×奥行59×高さ125
  • 重量: 223kg
  • 製造年: 1999年

KAWAI K50」は、KAWAIの定番モデル「Kシリーズ」の中で、基本性能をしっかりと追求したモデルです。
写真でもおわかりのとおり、鍵盤面が本体に映り込み非常に綺麗なピアノです。
響板に音の出口「トーンスプレッダー」を採用することで、密閉されたピアノの音の抜けが良くなり、演奏者の前面から音の響きを感じることができます。

アンダーフェルト採用モデルです!!

KAWAI K50 アンダーフェルト

上の写真から、ハンマーの中心に赤いフェルトがあることがおわかりでしょうか?ハンマーフェルトは、内部に行くほど固く圧縮しておかないと良い響きを生み出しません。普及型は「アンダーフェルト」を使わずに、ハンマーフェルトの中心部を強く圧縮・成形することで、同じ効果を狙っていますが、この「KAWAI K50」では、固い「アンダーフェルト」という横から 見ると赤く色の変わった部分を芯に使用し、外側を白色のフェルトで包む2重構造にすることにより、しっかり芯のある響きを生み出します。

また鍵盤蓋には、「スローダウンシステム」が採用されており、鍵盤蓋がゆっくり閉じるようになっております。お子様が一人でレッスンされているときでも安心ですよね。

秋のピアノ大展示会 2012年10月6日(土)~10(水)、13(土)~15日(月) 計8日間開催いたします!!

さて、この「KAWAI K50」の音ですが、「低音から中音域までしっかりと響く、いかにもKAWAIらしい音」という風に私は感じました。店頭に並んでいる、同じくらいの高さの他のピアノと比べても、音の響きが大きく、試弾の際に思わず周りを見回したほど、豊かな響きがしました。さて、お客様はこのピアノを試弾されてどのような印象を受けられるのでしょうか?
みなさまのご来店をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

今回のブログはここまで。川崎でした!

※「LINE6 POD HD500」のキーワードで本ページにお越しの皆様には、お詫びいたします。後日、記事の方は間違いなくUPいたしますので、お楽しみに!!

秋のピアノ大展示会

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.