島村楽器 イオンモール宮崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール宮崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

秋のピアノ大展示会 カウントダウンブログ Vol.26

みなさんこんにちは!4回目の登場となります富窪です。どうぞ最後までお付き合い下さいませ!!
今回は電子ピアノをご紹介させていただきます。

KAWAI CA9500GP

CA9500GP

サイズ:高さ93cm×幅146.5cm×奥行47.5cm
重量:87kg

ご紹介させていただきますのは島村楽器とカワイのコラボレーションモデル”CA9500GP”です。
まだ発売したばかりのこちらのモデル、とにかくすべてにおいて
ハイスペックな仕上がりになっており大好評をいただいております。
先日、河合楽器の営業担当の方とお話させていただいた時の印象的な一言に
「カワイの電子ピアノは一言で言うと”本格派”です!」
とおっしゃっておられました。
電子ピアノをお選びいただく際に、大切なポイントが3つあるとご説明させていただくのですが、
その3つとは音源、鍵盤のタッチ、音場です。
つまりこの3つが高いレベルにある電子ピアノは
アコースティックピアノにより近いと言う事になります。
内蔵されている音源は、ショパン国際ピアノコンクールで実際に活躍した
カワイフルコンサートピアノ「EX」の88鍵すべてを一音一音丁寧にステレオサンプリングしており、
音源はすごく”本格派”。
次に鍵盤のタッチは「基準はグランドピアノの感触。だからカワイは木製鍵盤。」と
電子ピアノでありながら木製の鍵盤さらに鍵盤長はグランドピアノにも匹敵する作りになっており、
鍵盤のタッチも”本格派”。
最後に今回のこのモデルをオススメしたい一番のポイントが
音場を作り出すスピーカーシステムなのです。
名付けて新「響板スピーカーシステム」はこのような作りになっております。

新響板スピーカーシステム CA9500GP

これがCA9500GPの背面からみた所なのですが、
ではアップライトピアノの背面はどうなっているかと申しますと

ピアノ響板

どうですか。そっくりでしょ。
電子ピアノが最も苦手とする音の出方を、
アコースティックピアノと同じような作りのこのスピーカーシステムが
”本格派のアコースティックピアノの音”
を再現してくれるわけです!
ぜひ展示会当日は自然で迫力ある響きを体感していただけますよう、
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

それでは本日もお約束になりました、当店ピアノサロンインストラクター目(さっか)の
”決めの一言”でお別れしたいと思います。
最後までお付き合い頂きありがとうございました。

あなたに合うピアノにきっと出会えます♪

秋のピアノ展示会 開催は10月6日(土)~15日(月)です!

ピアノのご経験がある方はもちろん、興味をお持ちの方もお気軽にお立ち寄り下さい!
みなさまにお会いできるのを楽しみにしております♪

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.