読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島村楽器 イオンモール宮崎店 シマブロ

島村楽器 イオンモール宮崎店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

謹んで新年のお祝辞を申し上げます。

新年あけましておめでとうございます。
イオンモール宮崎店HP担当の川崎です。
旧年はひとかたならぬご愛顧にあずかり、ありがとうございました。従業員一同、心より御礼申し上げます。本年も変わらぬ御愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

さて、イオンモール宮崎店では、ただいま「HAPPY MUSIC HAPPY NEW YEAR」と銘打って、お得なセット商品や話題の単品商品の販売など多彩で楽しい企画を準備して、お客様のご来店をお待ちしております。
イオンモール宮崎にお越しの際は、「島村楽器 イオンモール宮崎店」にぜひお立ち寄り下さいませ。

一年の計は元旦にあり

去年末にリットーミュージック社からSyuさんが書かれた「超絶ギタリストになるための思考と練習法」という本が発売になりました。

超絶ギタリストになるための思考と練習法

Syuさんといえば、非凡な演奏力と楽曲の完成度の高さで評価の高いメタルバンド、「ガルネリウス(Galneryus)」で活躍されるギタリストですが、この本はメタルに特化した教則本というより、全てのギタリストが読んで楽しめるような内容になっています。
私も発売日に購入し読んでみたのですが、日頃の練習メニューとか、ライブ&レコーディング時の心構えとか、「そうそう!こういうことをプロギタリストに聞いてみたかった!!」って思えるような内容が数多くありました。
この本はシリーズ化して、ぜひ他のギタリストさんにも書いて欲しいものです。

こちらはトモ藤田さんの「知識と演奏がリンクするギター実習コンセプト」です。私は個人的にトモ藤田さんの著作が好きですが、こちらはトモ藤田さんのことをよく知らないといった方にも分かりやすく、読み応えのある内容になっております。 バンド活動をなかなか行う時間がなく、個人でギターを楽しまれている方に特にオススメしたい本です。

知識と演奏がリンクするギター実習コンセプト

トモ藤田氏は、その多くの著書の中で「朝練」の有効性について触れていますが、Syu氏も先ほどの著書の中で同じようにギターに触れない時間を少なくする視点から「朝練」について書いています。
うむ、そう言えばスティーブ・ルカサー氏が去年のインタビュー記事で「アルコールを控えて、朝練を取り入れたらギターが(さらに)上手になったよ」といった意味合いのことを言ってましたっけ。
ということで、今年からはお店に出勤する前にちょっとギターの練習をしようかな?と思い立ちました。
※実は、今朝も練習してきました。

練習方法については、トモ藤田氏の著書に詳しく書かれていますので、ぜひご一読ください。 さすがにテープレコーダーは持っていないので、ICレコーダーに録音することで代用していますが、帰宅して疲れ切った体で練習するのとは違って、新鮮な気持ちで練習できるのがいいですね。(やや、寝起きでぼーっとしている部分もありますが)
3日後に自分のプレイを聴き直すが楽しみのような、怖いような()。

去年末に発売になったこの2冊は店頭にもございますので、ぜひご覧になってください。

もうひとつ決めたことがあります。

こちらの宮崎店の「シマブロ」ですが、今のところ、「イベント告知」と「カウントダウンブログ」が中心になっています。 他店では、店長さんが定期的に書いている「店長ブログ」や担当スタッフによる「新商品レビュー」ブログもあったりするので、そういった「シマブロ」と比べると少々更新に空きがあったりします。

私自身、今までの「カウントダウンブログ」の方で、色々と記事を書かせて頂いているのですが、その記事の中で「機会を改めて書きますね~」なんて言いっぱなしになってる部分もあって、そのネタ(?)がそこそこ貯まってきたので、「カウントダウンブログ」と「イベント通知」が主な記事ばかりになっているこの「イオンモール宮崎店シマブロ」で、少しスペースを頂いてそれらの記事のフォローをしたいと考えています。
今のところ更新日はお約束できませんが、必ず記事を書いていきますので、よろしくお付き合いくださいませ。

最後に

去年の話で恐縮ですが、私自身「2013年一番の思いでは?」と聞かれたら、ケリー・サイモン氏の「超絶ギタリスト養成ギプスセミナー」の進行を担当させて頂いたことと「ワンコインギターメンテナンス会」でしょうか。

「ワンコインギターメンテナンス会」では、Ibanez JEMをご愛用のお客様から「JEMオーナーの店員さんなら扱いがよくわかっているだろうから」と2台のJEMをお預かりして、メンテナンスしました。
そのうちの1台がこちらの「Ibanez JEM77FP」です。

Ibanez JEM77FP

鮮やかな花柄のペインティングは、フラワーパターンを施した布をボディ表面に貼つけて、その上から塗装を施すことで作られています。 発売当時はかなり話題になったので、ご記憶の方も多いかと思います。
私もこれが欲しかった一人なのですが、予算の都合で購入には至りませんでした。
店頭での普段のメンテナンスもきっちり行わせて頂いておりますが、この時のメンテナンス会では、ご指名の上、憧れだったギターをメンテナンスすることとなったので、余計に気合いが入りました。
結果、「とても弾きやすくなった。持ってきてよかった。ありがとう。」と言われて、去年のメンテナンス会は、個人的に忘れられない日になりました。

ケリー・サイモン氏のセミナーに関しては、私自身がケリー・サイモン氏のファンということもあってか、「きっちりした記事を書きたい!!」という思いが強すぎて、なかなかご報告できなかったことを申し訳なく思っています。
というわけで次回の私の記事は、ケリー・サイモン氏のセミナーについて、遅ればせながら書きたいと思っています。 今しばらくお待ち下さいませ。

今回のブログは、ここまで。川崎でした!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.